周囲を気にせず学習できる個別指導で勉強を

若い年代の講師が多い

内情についてこっそり教えます

学習塾という産業はまだそれほど歴史があるわけではありません。長く見積もっても50年ぐらいではないでしょうか。 それゆえ、塾講師も若い講師が多いのですが、年齢が行くにつれて塾講師の数が減少している傾向をご存知でしょうか。アルバイトも含めて20代の塾講師はたくさんいますが、40代以上の塾講師は意外と少ないことに気が付くはずです。その理由の多くは給料が安いからというものや体力的にきついからというものです。 よく学習塾は大卒の墓場と言われていますが、大卒が就くほかの職業よりも給料が少ないのです。特に講師の給料は少なく、年収でも400万円いかない講師も多いようです。そんな中で家族を抱えて生活するのは並大抵ではありません。東京や大阪に点在している塾では、学生やアルバイトとして働く人が多いです。

若手と年配はどちらがいいのか

大抵は30歳前後でそのまま続けるか辞めるかを判断します。ちょうど30歳ぐらいが再就職しやすい最後の時期ですし、それを逃すと再就職が難しいからです。そのまま40歳になっても講師を続ける人は一生塾講師を続けることになるでしょう。また、塾講師も昇進渋滞を起こしているため、40歳以上の講師でもなかなか上に上がれないことも多いのです。 このような理由から安月給でも働かざるを得ないのが現状です。 では若い講師と年配の講師はどちらがいいのでしょうか。若い講師は経験がありませんが年齢が生徒と近いため生徒の話題に付いていけます。逆に年配の講師は、年齢は離れているため生徒との話が合わないことがありますが、授業内容はベテランらしい指導ができます。

可能性を与える

塾に通ってもなかなか成績が伸びないという子は、大人数で授業を受けるよりも個別指導塾で勉強を受ける事で、学力を伸ばす事ができることもあります。子供には一人ひとり正確があり、その子にとって最適な勉強法も異なります。

子供と一緒

子供の意見を一番に尊重し塾を選ぶことで、子供は無理することなく通う事ができます。自分で新しい場所をのびのび見つけることで最適な環境で勉強できるようになるのです。

   

教室によって異なる

学習塾は小学生から既卒性まで通うことができる塾ですが、学習塾によって受け入れている年代は異なります。小学生を対象にしているところもあれば、中学生を対象にしているところもあります。